Loading...
1980~90年代に若者たちのリアルな恋や友情を描くマンガを数多く生み出し、今も尚、熱狂的なファンを持つ漫画家・岡崎京子が1989年に刊行した同名作品を原作にした、映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』。脚本・監督は映画『PARKS パークス』(2017)、ドラマ「東京アリス」(2017)、「セトウツミ」(2017)、「声ガール!」(2018)や、多くのCM・MV を手がける瀬田なつき。物語の舞台を<現代>に置き換え、スクラップ&ビルドを繰り返す街で、未来への不安を抱えつつも「今」を生きる若者たちを、ファンタジックでポップな世界観で映画化し、岡崎京子ワールドとの相性のよさを見せている。
主人公・渋谷ハルコ役を演じるのは、映画『小さな恋のうた』(2019)で第41回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞し、“次世代ヒロイン”と呼び声が高い山田杏奈。もう一人の主人公・神奈川ケンイチ役には、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(19/NTV)など話題作に続々と出演し、本作が映画初主演となる鈴木仁。令和を牽引する若手俳優ふたりが、形の掴めない「好き」の気持ちに戸惑いながらも大人になっていく姿を等身大で演じる。さらに『全裸監督』(19/Netflix)で注目を集めた森田望智や、滝澤エリカ、若杉凩などフレッシュな顔ぶれが並ぶ一方、成海璃子、大塚寧々といった個性際立つ実力派俳優たちが脇を固める。
東京に住む平坦で平凡な高校生・渋谷ハルコ、16歳。ある夜、橋の上で倒れていた神奈川ケンイチにひとめぼれする。“世紀の恋”だとはしゃぐハルコに対して、真面目でおとなしげなケンイチは、受験目前、衝動的に学校を辞めてしまいそれどころではない。さらに勢いでナンパした危険な香りのする女の子・マユミに夢中になっていく。二人の平行線の恋はどこへ行くのか。友だちや家族や自分、悩みもがく少年少女の刹那的な視線を切り取った、恋と成長の物語。
2001年生まれ、埼玉県出身。 2011年「ちゃおガール☆ 2011 オーディション」でグランプリを受賞しデビュー。映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(16)で映画初出演。 以降、『ミスミソウ』 (18・主演)、『小さな恋のうた』(19・第41回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞受賞)、『屍人荘の殺人』(19)、「新米姉妹のふたりごはん」(19/TX・主演)、「10の秘密」(20/CX)など話題作に多数出演。
いつも力に溢れているけどどこか苦しくて分からなくて。
そんな青春の時を戸惑いながら、走るように生きる
ハルコとケンイチがとても愛おしいです。
岡崎京子さんの原作と瀬田なつき監督の世界観の融合、
すごく刺激的な時間でした。
ぜひ楽しみにして頂けたら嬉しいです。
1999年7月22日生まれ、東京都出身。2016年「第31回メンズノンノモデルオーディション」にて準グランプリを受賞しデビュー。ドラマ「リバース」(17/TBS)で俳優デビュー。以降「花のち晴れ~花男 Next Season~」(18/TBS)、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(19/NTV)など、話題作に続々と出演。2020年は『のぼる小寺さん』(20)、「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」(FOD)など、待機作を多数控える。
行動が読めなくて、一見変わってる男の子。
でもその内にある、目には見えないケンイチらしい
真っ直ぐさを残せるように演じました。
ケンイチとハルコ、2人の中に流れる特別な時間を、
ぜひ皆さんに感じていただけたら嬉しいです!
1979年大阪府生まれ。東京藝術大学大学院映像研究科修了。在学中、黒沢清・北野武監督のもと修了制作『彼方からの手紙』(2008)を監督。『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(2011)で商業長編映画デビュー。主な監督作品に、映画『5windows』シリーズ(2011-2015)、『PARKS パークス』(2017)、ドラマ「東京アリス」(2017)、「セトウツミ」(2017)、「声ガール!」(2018)など。
岡崎京子さんの、あの突き刺さる言葉たちが、現在の「東京」の街を、
素晴らしい、キャスト、スタッフとともに、自由に駆け巡る、唯一無二の映画になったと思います。
笑顔でどんな無茶にも前向きに楽しんで演じてくれる、山田杏奈さんがいたから、
安心していろいろなことに、みんなで挑戦できました。
鈴木仁くんは、リハーサルもたくさんしましたが、
本人の、掴みどころのない魅力は、すでにケンイチでした。
あやふやな未来に向かうふたりを、不器用で、大胆で、美しい、かれらの冒険を、
映画に収めることは、本当に楽しかったです。