Loading...
1980~90年代に若者たちのリアルな恋や友情を描くマンガを数多く生み出し、今も尚、熱狂的なファンを持つ漫画家・岡崎京子が1989年に刊行した同名作品を原作にした、映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』。脚本・監督は映画『PARKS パークス』(2017)、ドラマ「東京アリス」(2017)、「セトウツミ」(2017)、「声ガール!」(2018)や、多くのCM・MV を手がける瀬田なつき。物語の舞台を<現代>に置き換え、スクラップ&ビルドを繰り返す街で、未来への不安を抱えつつも「今」を生きる若者たちを、ファンタジックでポップな世界観で映画化し、岡崎京子ワールドとの相性のよさを見せている。
主人公・渋谷ハルコ役を演じるのは、映画『小さな恋のうた』(2019)で第41回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞し、“次世代ヒロイン”と呼び声が高い山田杏奈。もう一人の主人公・神奈川ケンイチ役には、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(19/NTV)など話題作に続々と出演し、本作が映画初主演となる鈴木仁。令和を牽引する若手俳優ふたりが、形の掴めない「好き」の気持ちに戸惑いながらも大人になっていく姿を等身大で演じる。さらに『全裸監督』(19/Netflix)で注目を集めた森田望智や、滝澤エリカ、若杉凩などフレッシュな顔ぶれが並ぶ一方、成海璃子、大塚寧々といった個性際立つ実力派俳優たちが脇を固める。
東京に住む平坦で平凡な高校生・渋谷ハルコ、16歳。ある夜、橋の上で倒れていた神奈川ケンイチにひとめぼれする。“世紀の恋”だとはしゃぐハルコに対して、真面目でおとなしげなケンイチは、受験目前、衝動的に学校を辞めてしまいそれどころではない。さらに勢いでナンパした危険な香りのする女の子・マユミに夢中になっていく。二人の平行線の恋はどこへ行くのか。友だちや家族や自分、悩みもがく少年少女の刹那的な視線を切り取った、恋と成長の物語。
2001年生まれ、埼玉県出身。 2011年「ちゃおガール☆ 2011 オーディション」でグランプリを受賞しデビュー。映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(16)で映画初出演。 以降、『ミスミソウ』 (18・主演)、『小さな恋のうた』(19・第41回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞受賞)、『屍人荘の殺人』(19)、「新米姉妹のふたりごはん」(19/TX・主演)、「10の秘密」(20/CX)など話題作に多数出演。
いつも力に溢れているけどどこか苦しくて分からなくて。
そんな青春の時を戸惑いながら、走るように生きる
ハルコとケンイチがとても愛おしいです。
岡崎京子さんの原作と瀬田なつき監督の世界観の融合、
すごく刺激的な時間でした。
ぜひ楽しみにして頂けたら嬉しいです。
1999年7月22日生まれ、東京都出身。2016年「第31回メンズノンノモデルオーディション」にて準グランプリを受賞しデビュー。ドラマ「リバース」(17/TBS)で俳優デビュー。以降「花のち晴れ~花男 Next Season~」(18/TBS)、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(19/NTV)など、話題作に続々と出演。2020年は『のぼる小寺さん』(20)、「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」(FOD)など、待機作を多数控える。
行動が読めなくて、一見変わってる男の子。
でもその内にある、目には見えないケンイチらしい
真っ直ぐさを残せるように演じました。
ケンイチとハルコ、2人の中に流れる特別な時間を、
ぜひ皆さんに感じていただけたら嬉しいです!
1979年大阪府生まれ。東京藝術大学大学院映像研究科修了。在学中、黒沢清・北野武監督のもと修了制作『彼方からの手紙』(2008)を監督。『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(2011)で商業長編映画デビュー。主な監督作品に、映画『5windows』シリーズ(2011-2015)、『PARKS パークス』(2017)、ドラマ「東京アリス」(2017)、「セトウツミ」(2017)、「声ガール!」(2018)など。
岡崎京子さんの、あの突き刺さる言葉たちが、現在の「東京」の街を、
素晴らしい、キャスト、スタッフとともに、自由に駆け巡る、唯一無二の映画になったと思います。
笑顔でどんな無茶にも前向きに楽しんで演じてくれる、山田杏奈さんがいたから、
安心していろいろなことに、みんなで挑戦できました。
鈴木仁くんは、リハーサルもたくさんしましたが、
本人の、掴みどころのない魅力は、すでにケンイチでした。
あやふやな未来に向かうふたりを、不器用で、大胆で、美しい、かれらの冒険を、
映画に収めることは、本当に楽しかったです。
キッズなるものは透明な、抽象的な、誰でもない魂として在り、
その身体が僕や京子さんでも、この映画の彼や彼女でも、
そして今はまだガキンチョの子たちでも、永遠に続くのかも
――そうだ、きっと、大人なるものも。
小沢健二
アーティスト
若いときだけの苦しみ、キラキラを細部まで再現。
なんだか、とーってもいい映画だったな!
吉本ばなな
小説家
埋立地の青春は空を飛ぶがごとく、滑らかで、白く、薄い。地に足など絶対に着けぬ。
ちょっと不安だがそれが冷徹な現実というものだ。私はこの二人に未来を任せていい気がしてきた
黒沢 清
映画監督
建設中のタワーマンションを遊び場にする東京の子供たちがまぶしい。
元気いっぱいに片想いする女の子と、たじろぐ男の子も。
あちこちで、20世紀と21世紀が交差する。
都市の風景は無慈悲なほどあっけなく変わる、流行は素知らぬ顔で循環する、
人だって交換可能なパーツみたいに入れ替わっていく。
たしかなことはただ一つ。世界はいつだって十代のもの。
山内マリコ
作家
重層的な都市空間で、ボーイ・ミーツ・ガールやガール・ミーツ・ボーイやガール・ミーツ・ガールが交錯する。少女たちはすれ違い、振り向き、倒れ込む。
身振りの数々が、彼女らのからだを突き動かしているものを語らずとも示す。
2020年代、天才が本領を発揮する。その嚆矢!
濱口竜介
映画監督
瀬田なつき監督の映画が好きだ。
どきどきする。
登場人物が、映画がずっと踊ってる。
この映画に流れる時間。せつない目線。
山田杏奈さんも鈴木 仁さんも好きになる。
今泉力哉
映画監督
高低差へのこだわり、ガール・ミーツ・ボーイ、日常に穿たれる異世界、
これはまぎれもなく瀬田なつきの映画だ。
岡崎京子的世界の現在への時間移動ではなく、岡崎京子的世界の現在形の不成立こそが、本作のテーマだ。
すなわち、シリアスの否定の否定、ピュアへの懐疑の終わり。
佐々木 敦
ああ、わたしっていつ岡崎京子の世界みたいな人物になれるのかしらってあの頃は悩んでいたけれど。
振り返れば、立派に登場人物やっていたじゃないかって思う。カッコいい役じゃあなかったけれど。
……今だって。駆け抜けるような、涙が出るほど酸っぱい青春はもうそこにはないけれど。
ふと見上げる青空が、あ、今わたし岡崎京子の世界にいる。
そう思わせることが、たまにあるのだ。
しまおまほ
作家
"岡崎京子"というファンタジーの中に出てくる東京はなぜか少しノスタルジックで、
それでいてまだよく知らないものに溢れている。
あのワールドを構成する詩や、
歌のような言葉たちの行間に流れる独特の空気感を捉えて映し出した監督はすごい!
いつの間にか忘れてしまっていた大事なことを少しだけ思い出せたような映画でした。
オカモトショウ
OKAMOTO'S
すれ違っても出会わないような、そこらじゅうに溢れる、なんてことない出会い。
敬語の二人。不意にタメ口になる二人。敬語に戻る二人。
そんな些細な出来事を見逃さず、誇張せず、茶化さない作品で嬉しくなりました。
衒いなくありのままでいることしかできないティーンエイジャー。
青臭い恥ずかしいセリフも言えるし、なんだってできてしまう。
泣いたり、ぬか喜びしたり、大変そうだけど楽しそう。その瑞々しさが眩しかったです。
SFのような世界であっても、人の愚かしさ、愛らしさ、人との出会いは、いつまでも普遍的なものです。
そして恋は言ってみりゃボディー・ブロー!
ラブリーサマーちゃん
ピチピチロックギャル
いつもドキドキしていた。憧れて、失望して、立ち止まって、駆け出した。
いま思えば、些末なことばかりだった。
だけど、あの時の世界では、それがすべてだった。
環ROY
ラッパー
17歳ならではの儚さ、危うさが
ちょっぴり痛くて愛おしい
胸の奥がぎゅーっと締め付けられる
とても素敵な映画でした。
いわゆる「青春ラブストーリー」
その予想はすぐに裏切られます。
朝方の乾いた匂いや
肌の柔らかさまで伝わる映像は
生々しく本当に美しい。
大人こそ観てほしい作品です。
NANAE
seven oops ボーカル
敬称略・順不同